「健康を守る」商品は、健康な社員によって届けられる

#イベント #さつきラン&ウォーク #satsuki2022_voice #さつきラン&ウォーク2022

  • SHARE

アース製薬株式会社

「アースノーマット」「バスロマン」「モンダミン」といえば、ご存じの方も多いはず。いずれも創業130年の老舗、アース製薬のロングセラー商品だ。同社は2019年、社員の健康維持・増進に組織全体で取り組む「アース健康宣言」を制定。昨年、今年と2年連続で「健康経営優良法人ホワイト500」に認定されている。
だが、社員の健康を重要視する風土はそれ以前からあったと広報室の中辻雄司さん(40歳)は語る。

「当社では創業以来、虫媒介感染症から身を守る虫ケア用品、温浴効果・新陳代謝を促す入浴剤、オーラルケア商品など、『人々の健康を守る』ための商品を販売しています。そこで働く社員が健康を維持できずに、どうやって商品を届けるのか? という考え方がありました」

今回のイベント参加も健康経営の取り組みの一つ。
エントリーを決めた総務部・河内早紀さん(42歳)は次のように語る。
「日本全国に支店や研究棟などがあり、オンラインなら離れた場所でも全社で参加できて、一体感も生まれやすいと思いました。大々的に告知したわけではありませんが、198人の参加(ウォーキングの部)は予想を超えるものでした」
河内さん自身も開催期間中は帰宅時に2駅先まで歩くことを目標とし、土日も2時間は歩くようにしていたそう。

また、産業保健師としてこのイベントを推奨した永田愛美子さん(31歳)、田畑彩生さん(39歳)らは、社員の健康維持・管理には運動によるアプローチが欠かせないと話す。
「以前、在宅勤務中に腰痛を抱えたり、体重が増加した人が少なからずいました。皆さん運動が大事だと分かってはいても、なかなか行動には結び付きません。今回のイベントは場所や時間を選ばず参加できましたし、順位が見えるから頑張ろうという気持ちにもなれた。これを機に、歩くことが習慣になった社員もいるようです」

イベント終了後は、仕事後に皇居ランを始めたグループもある。
「健康で長く働いてほしい」という会社の思いは、確実に社員に届き始めている。


会社のキャラクター、アースくんとアースちゃんを取り囲む参加者

 
トピックス一覧へ