News

『オクトーバー・ラン&ウォーク』裾野市がリードを広げる!ウォーキングの部・ランキング速報!

Share

Facebook Twitter Line

『オクトーバー・ラン&ウォーク』開催から3週間が経ち、今年から初開催の「全国スポーツタウン対抗戦」では、これまで目まぐるしく順位が入れ替わる展開となっています。全国137の自治体にお住まいの参加者の平均歩行距離を集計し、“日本一歩くまち”が決まります。今回は、ウォーキングの部「全国スポーツタウン対抗戦」10月21日(水)時点のランキングをご紹介します。

◆全国スポーツタウン対抗戦 ウォーキングの部

5位以下の自治体はこちらから↓

10月21日(水)集計のランキングのトップ3は、静岡県裾野市、京都府福知山市、栃木県野木町となりました。先週の速報時点では、トップ3がわずか7kmの差でしたが、トップを守る裾野市が、徐々に2位以下との差を広げつつあります。
また、一度埼玉県戸田市に逆転を許していた栃木県野木町が、再逆転で3位に浮上するなど、3位争いが熾烈を極めています。
今回新たに3位に浮上してきた野木町は、栃木県の南の玄関口とも呼ばれる下都賀郡に属する人口およそ25,000人の町です。また、お笑い芸人であり、マラソンランナーでもあるがんばれゆうすけさんの出身地としても知られています。

リードを広げる裾野市がこのまま”日本一歩くまち”の栄冠をつかむことになるのか。それとも今回3位に浮上してきた野木町・2位の福知山市が終盤に首位奪還となるのか。終盤に繰り広げられるデッドヒートから、目が離せません。

このページをシェアしよう!